読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々徒然Highmount

Highmountが感じたこと、興味をもったこと、やってみたこと、ひたすら書き込んでみる。

またもや大散財。パソコン工房のゲーミングノートPCを買ってしまった。(下:決断編)

雑記 Windows

(上:動機編 からの続き)

highmount.hatenablog.jp

折しも各社秋のセールを実施している期間にぶつかったことから、選定にはいい時期だったのかもしれない。

とりあえず、ThinkPadの置き換えを考えるからには、ThinkPadの現行モデルは検討することにした。
ちょうどThinkPadのセールを実施していたようで、調べてみると、14インチならX1 CarbonとかE460とかがあるようだ。
X1 Carbomならモバイル用途の更新も兼ねることができるし、実は悪くない選択になるかもしれない。
E460であれば、現行機と同じセグメントの製品なので、違和感なく移行できるだろう。

E460がコスト的には割と有力だったのだが、AMD Radeon R7 M360の評価が調べてみるとそれほど芳しくはないことから一度保留。

まあ、Radeon R7の性能に関しては、コレ見たら萎えちゃったわけだけど。

gpuboss.com

MSIやAlienwareも見てみたが、こちらはそもそもコストが見合わない。
その他国内で入手できる一般的なメーカー製品を確認した後に、BTO系のメーカー製品を調べてみることにした。
もうこの時点で、GeForceを選ぶとしてもGTX 950MX、運が良ければGTX 960MXか965MXくらいしか選ばない*1と決まっていたし、その場合、非搭載機との価格差が思っていた以上に開かないということも段々わかってきた。
それならば、1万円足すことになるとしても、搭載してる方が後々のツブシが利くよね、ということで、この時点でゲーミングスペックのPCを主として選ぶ方針が決したといえる。

ちなみに、これとほぼ同じタイミングで、Razer Blade Stealthの導入を本格検討した。
これであれば前述のThinkPad X1 Carbon同様、モバイルPCとしての運用も可能であるし、将来的にはRazer CoreでGPU性能の拡充も行える。
しかし海外では既にKabylake搭載の新モデルが発表されていて、数ヶ月程度待てば国内にも入ってくるだろうというタイミングでもあるし、最終的にはコスト的に厳しいかなというところで、これはモバイルPC更新を本格化するときの楽しみに取っておくということにしておいて、今回は脱落と相成った。

で、パソコン工房マウスコンピュータードスパラツクモ、FRONTIERの製品を一通り調べてみる。
実はマウスコンピューターの製品が非常に興味があって……とはいえマウスとパソコン工房って同じグループなわけなんだが、G-TuneじゃないにしろマウスコンピューターのPCは使ってみたいと思っていた。

しかし、この辺のブランドって、14インチクラスまではあまりCPU性能が高くないものが多いようで、どうしても選定の幅が狭くなる。

マウスコンピューターでは、m-Book Kシリーズのi7搭載モデルと、G-TuneのNEXTGEAR-NOTE i4600シリーズが最後まで候補に残り続ける事になった。

www.mouse-jp.co.jp

www.g-tune.jp

本当ならi5310シリーズを候補に入れておきたかったが、既に完売であり、後継のi5520シリーズを候補にしようとすると、こっちにするならi4600シリーズのほうがいいとなってしまった。

ドスパラはなかなか良さげに見えたんだけど、全体的に他よりちょっとお高めの傾向があるように感じる。

ツクモのeX.computerシリーズのうち、ゲーミングのG-GEARシリーズ……なんだろう、この既視感。

FRONTIERはフロンティア神代の頃から購入を検討してはやめを繰り返してるブランドだったりするが、今やヤマダ電機グループの傘下、直接的にはインバースネットの一ブランドになってしまった。
で、今回も結構有力候補ではあったんだけど、ここ意外に送料が高い。
送料を加味すると、一見セールで安いように見える金額も実はそうでもないと気付いてしまう。
ドスパラやマウスは確かに送料は高いものの、直営店での店頭在庫品から買えばそこを気にしなくてもいいという割り切りが出来るが、FRONTIERの場合はインバースネットの直営店であるショップインバースや、ヤマダ電機で受け取れるわけでもないので、そこでややマイナスを感じてしまったというのが正直なところだった。
ちなみにマウスコンピューターはWebで注文した製品の直営店での受取は不可。ドスパラは店頭受取は可能だが、発送と同じ送料が発生するとのこと。

この点で一線を画するのがパソコン工房
BTOでローンや代引き以外の支払い方法であれば、Web注文品の店頭受取が可能で、しかも送料無料とのこと。
ただパソコン工房は、13〜14インチクラスのハイパフォーマンスモデルがないんだよなぁ。

最終的に、LEVEL∞ N-Classが候補として残った。

www.pc-koubou.jp

結局最後まで候補に残ったのは同じグループの製品で、そうなってしまうと完全にコスト勝負になる。
そうなってしまうと、安く調達できるパソコン工房のものに軍配が上がる結果になった。*2
上のリンクの製品を購入しているが、一応吊るしではなく、BTOでCPUグリスだけはグレードアップしている。

製品受領後、MSI GL62とのベンチマークテストを含む比較を予定しているが、CPU性能でLEVEL∞が勝つのは当然としても、実はメモリが前者はDDR4-2133、後者がDDR3L-1600と差があったりもするので、意外に実力が拮抗するかもしれない。
だいたい同じ価格帯で両者購入しているので、どれくらい差がつくのかは非常に興味深いところではある。

*1:それ以上はそもそもコストが合わない

*2:NEXTGEAR-NOTE i5310シリーズの同等スペック品に在庫があったら、間違いなくマウスから買っていた。