読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々徒然Highmount

Highmountが感じたこと、興味をもったこと、やってみたこと、ひたすら書き込んでみる。

ハイスクール・フリート第5話まで見た……が、粗が見えすぎる。

ハイスクール・フリートを結局見続けている。

highmount.hatenablog.jp

意外に面白くてその後も見続けているが、日常系シーンと戦闘シーンの落差があまりにも激しすぎるので、時々ついていくのがしんどい。
第1話で横須賀女子海洋学校の教員艦・猿島を擱座させて反乱の疑いをかけられた後も、ドイツのヴィルヘルムスハーフェン校からの留学艦で合同演習に参加予定だったポケット戦艦、アドミラル・グラーフ・シュペーとの戦闘と、副長であったヴィルヘルミーナ・ブラウンシュヴァ……ミーちゃんの回収。更には東舞鶴男子海洋学校(東舞校)の潜水艦、伊201とも交戦。

その後ブルーマーメイド*1に捕捉されるが、ここからいきなり話の風向きが変わってしまう。

ブルーマーメイドの安全監督室では、晴風の反乱を疑問視していることや、給糧艦・間宮と工作艦・明石(護衛の航洋艦、舞風と浜風も伴っている)による補給と修理……にやってきたのに突然凶暴化した砲術長の発砲で事態をこじらせかけるなど、毎回何か騒動が起こる。

補給と修理で、晴風の主砲は12.7cm連装砲C型から長10cm砲に換装。*2
余談だが、史実では戦争を生き残った陽炎型駆逐艦雪風中華民国に賠償艦として引き渡され、中華民国海軍旗艦・丹陽となった際、二番・三番主砲塔に長10cm砲を搭載しているため、陽炎型に載せるのもおかしな話ではない。

主砲換装後の話となる第5話。
冒頭で東舞校の教員艦が登場。まさかのあきづき型護衛艦ですか。
擱座した猿島同型艦*3が曳航してるシーンが前にあったので、各校の教員艦は同型艦で統一されているようだ。
それはそうと、女子高生アニメのはずが、なぜか冒頭からおっさん……まあそこから唐突な水着回という流れもどうなんだと思うけど。
事情聴取中のブルマーおねいさん……もといブルーマーメイド隊員の謎のネコミミはなんなんだ。

救助された古庄教官は砲撃を命じた記憶はあるが、なぜ砲撃という判断に至ったかを思い出せないという。
しかも猿島の戦術情報処理システムは機能喪失してログ消失……軍用規格の電装系に影響を及ぼすってなんなん!?

砲術長がいきなり発狂した原因ぽいネズミに近づくと、衛生長の時計が誤動作。
シュペーも電装系が異常を起こしたって話もあったし、猿島もシステムダウンしてるし、原因はこのネズミ?

行方不明だった武蔵の位置を捕捉した東舞校教員艦隊だが、いきなり武蔵からの砲撃。
発光信号にも音声による呼びかけにも応答せず、攻撃が続行される。
……てか、大和型の46cm三連装主砲の砲撃にあきづき型が耐えられるとは思えないんだけど。直撃しなくても、普通なら瞬殺じゃないんだろうか。
教員艦は主砲砲撃を止めさせるため、片舷雷撃で船体を傾斜させようと、噴進魚雷を発射*4
アスロックと思ったが、VLSから発射されているので、正確にはVLA(Vertical Launch ASROC)もしくは海自版VLAである07式垂直発射魚雷投射ロケットと思われる。*5
が、演習弾なので武蔵の舷側装甲を貫通できず。

で、唐突に晴風に引き戻されて、緊急呼集は戦闘に呼応したものかと思いきや、まさかのミーちゃん歓迎会……おい、この流れいい加減にしろ。
そしてミーちゃんの変な日本語の原因、呉あたりで覚えたのかと思いきや、まさかの仁義なき戦い全シリーズ視聴のせい……
そこに緊急電でまたもや戦闘に引き戻す。うーん、この唐突感の連続はこのアニメに対して良くない印象を抱く人がいたとしても、割と理解はできるなぁ。

居ても立ってもいられない艦長、武蔵に行くと言い出すが、思いっきり副長に説教される。……まあ、艦長が艦橋離れすぎなんだよね。
副長の説教に関わらず結局飛び出す艦長。これ後に禍根を残すフラグ?

再度VLAでの攻撃を開始する東舞校艦隊だが、VLSの上にあのネズミども!!
案の定、発射されたVLAが狂いだし、通信まで途絶。なにあのネズ公、ジャミングできるの!?

晴風に向けて武蔵が主砲発砲。その砲弾を長10cm砲の砲撃で迎撃……どこのジパングだよ!
とツッコミを入れずにはいられないが、なんか結局人力イージスシステムをやってしまう荒唐無稽さ。そもそも運動エネルギーで負けるんじゃねーの?

内火艇で突っ走っていった艦長、武蔵の艦橋にいる無事そうな幼なじみに気を取られて岩礁にぶつかって転覆。
……え、これで終わり??

うーん、日常をやりたいのか、戦闘をやりたいのか、どっちつかずが過ぎて中途半端になってしまったよなぁ。
結局萌え需要を狙っているのか、ミリタリー需要を狙っているのか不明瞭。
艦これガルパンのように両方をそれなりにバランスよく拾えてればいいんだろうけど、どっちつかずになってしまっているせいで相乗的にマイナスにふれてしまっているように思う。
もう少し内容を整理して、シリアス回と日常回を切り離すとか、AパートとBパートで転換点をつくって見やすくするだけでも、メリハリがつくんだけど。
ミリタリー考証がアレすぎるのは、まあある程度は許されるんだろうから。

まだ視聴切りはしないつもりだけど、これちゃんと挽回できるんだろうかな。

 

*1:女子学生はやはり「ブルマー」と略すらしい。……アカン。

*2:今回の演習参加艦に秋月型の照月や涼月がいたので、これらの保守補給部材として搭載してたんだろうか。

*3:インディペンデンス級沿海域戦闘艦

*4:傾斜による仰角不足を狙ったのか、揚弾阻止を狙ったのかは知らん。

*5:あきづき型は1番艦あきづきがVLA、2番艦てるづき以降は07式を搭載している。