読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々徒然Highmount

Highmountが感じたこと、興味をもったこと、やってみたこと、ひたすら書き込んでみる。

「マブラヴ photonflowers*」を今更プレイ開始する。

マブラヴ」及び「マブラヴ オルタネイティヴ」の外伝エピソードはアージュのファンディスク「マブラヴ サプリメント」や「マブラヴ ALTERED FABLE」、あるいは「マブラヴ オルタネイティヴ クロニクルズという別タイトル、またはテックジャイアン電撃姫の付録ディスクで展開されている。
現在では初出媒体での入手が困難なものも少なからずある。

2014年にこれら外伝エピソードがまとめてPS3に移植され、「マブラヴ photonflowers*(フォトンフラワーズ)」と「マブラヴ photonmelodies♮(フォトンメロディーズ)」という2タイトルが発売されている。
随分前に出張中に購入したまま、当時熱が冷め気味だったのでプレイせず、完全に放置してしまっていた。

マブラヴ photonflowers*(通常版)

マブラヴ photonflowers*(通常版)

 

 

マブラヴ photonmelodies? (通常版)

マブラヴ photonmelodies? (通常版)

 

 シュヴァルツェスマーケンを見始めたことで、またもやマブラヴ熱が蘇ってしまったこともあり、寝かせっぱなしの2タイトルをプレイすることに。

まずはphotonflowers*からプレイするが、こちらはどうやらHDDインストールは不要らしい。
オルタサイドの外伝から、訓練教官である神宮司まりもの訓練生から新兵時代のエピソードを描く「贖罪」*1と、伊隅ヴァルキリーズの部隊長である伊隅みちるの過去を描く「告白」を一気にプレイしたのだが*2流石の一言。
同ディスクに収録されている「継承」を含めた三部作なのだが、継承もこの週末にはプレイしたい。

実は贖罪や告白で描かれるエピソードは、実はコミック版マブラヴ オルタネイティヴでも本編に挿入する形で描かれていて、既に内容を知っているという人もいるだろう。
告白は甲21号作戦の最後にして、伊隅みちる大尉の最期までを改めてなぞる形をとるため、オルタ本編をプレイした際にあそこで泣いた人は覚悟しておこう。

他にもトータル・イクリプスのV.G.(ヴァレリオ・ジアコーザ)の姉、モニカ・ジアコーザが登場する「レイン・ダンサーズ」や、甲21号作戦時に軌道降下兵団を描く「チキン・ダイバーズ」*3なども収録されている。

また、「マブラヴ photonmelodies♮」にはTSFIAで「The Euro Front」改め「DUTY -LOST ARCADIA-」のエピソードを描いている「憧憬」なんかも収録されており、今からプレイが楽しみである。

オルタ系外伝の各エピソードのエンディングは美郷あきの「calling」が流れるが、これで泣きそうになるので、各自注意されたい。


Muv-Luv Alternative - Chronicles PV / マブラヴ オルタネイティヴ

「シュヴァルツェスマーケン 紅血の紋章」はいつプレイできることやら……まだ買ってもいないけど。
PC版のトータル・イクリプスを買って、帝都燃ゆもやりたいのだが……

*1:安心してください、「みんなのトラウマ」じゃないですよ!

*2:気がついたら徹夜である。

*3:このエピソードもさりげなく、コミック版オルタにはワンシーンとして収録されてる