読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々徒然Highmount

Highmountが感じたこと、興味をもったこと、やってみたこと、ひたすら書き込んでみる。

Windows Hello対応顔認証カメラを購入した。

前々から気になっていたものの、これまで購入していなかった、Windows Hello対応デバイス。

マウスコンピューターから顔認証カメラが出ているのは知っていたものの、これまでは金額的に微妙かなと思って買っていなかったんだけど、NTT-X Storeの期間限定割引クーポンと製品のセール割引で1000円くらい安く買えることがわかったので、早速購入することにした。

mouse USB顔認証カメラ Windows Hello 機能対応  CM01
 

 で、発送から結構時間がかかって、ようやく先程到着。

f:id:Highmount:20161204150845j:plain *1

*2

*3

セットアップ方法は、USBで接続したあと、メーカーサイトからドライバをダウンロードしてきて、ドライバをインストールしたら再起動。
しかる後、Windowsの設定→アカウント→サインインオプションのWindows Helloの設定を開始して、PINコードを入力してカメラに自分の顔を写すだけ。
認識精度を上げるために複数の状態(メガネを掛けている、外している、など)を認識させておくこともできる。

そのままログアウトして、早速認証させてみると、顔とカメラの距離が遠ければ、Windows Helloが近づくように促してくるし、カメラを凝視する必要もない。
ディスプレイを見ていてカメラから完全に視線が外れている状態でも正常に認証することができた。
また、赤外線センサーを使っているため、部屋が暗くても認識精度にあまり変化はなく、ちゃんと認証してくれた。

顔の認識距離など、条件が整えば1秒以内で認識するとのことだが、うちではカメラの置き場所と普段の利用環境の都合で少し離し気味になっていることから、顔認証に少し時間がかかるのか1秒以内とはさすがにいかないようだが*4、それでもPINコードやパスワードを入力するよりは遥かに手間が少なく、更に高速に認証をパスするので、コレは非常に便利なものだと思う。

他のPCにもセットアップして、利用頻度が高いマシンはCM01経由の認証に切り替えようかなと思ったんだけど、一度Windows Helloを有効にしてしまうと、この認証方式が優先されるようで、カメラを外しているときにログインする必要がある場合、パスワードやPINなどの他の認証方式に切り替えてログインする必要があるという手間が生じる。
いちいちCM01を繋ぎ変えるのも面倒ではあるので、この辺の運用はどうしていこうかは検討しておかないといけない。*5

しかし、こんな便利なデバイスがWindows Hello専用というのは、やはり勿体無い。
一緒にWebカメラも搭載されているけど、画素数が92万画素とのことで、最近は内蔵カメラでも200万画素とかあったりするPCもあるので、それほど活躍するとも思えない。
それでももう少し安ければ、もうちょっと広くお勧めできるんだけど、この値段でWindows Hello専用デバイスというのは、確かにちょっとお高い買い物だよなと思う。

今後の機能強化で、Webカメラと赤外線カメラが連動して、離席時は自動的にロック、席に戻ってきたら自動で赤外線カメラの認証プロセスを開始、という用途にも使えるというのであれば、Webカメラとの同時搭載はありかもしれないが、Webカメラは外して赤外線カメラのみにして、コストダウンするのもありではないだろうか。
もしくはTobiiのアイトラッキングバイスのような方向に進化するのも面白いと思う。

 

*1:画質が悪いのと、下の劇場版艦これのパンフレットのことは気にしなくてよろしい。

*2:見に行ってきたんだよ。思っていたよりも面白かったよ。今はネタバレしそうだから記事にしないけど。

*3:映画を見て、また艦これをやり始めてるんだよ。Android対応は本当に助かってるよ。

*4:それでも多分1秒ちょい、というところか。

*5:メインPC1台で使うというのであれば、据え置きにしておけばいいのでこんな問題は生じない。