読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々徒然Highmount

Highmountが感じたこと、興味をもったこと、やってみたこと、ひたすら書き込んでみる。

ユニットコム(パソコン工房)LEVEL∞ Lev-15FH058-i7-LFを購入

Windows

先日色々と迷って、ようやく購入を決めたゲーミングノート。

highmount.hatenablog.jp

highmount.hatenablog.jp

21日の朝に注文を入れたところ、受取店舗への到着予定が28日と出てきた。
一週間もかかるのかと思いつつ、まぁ前に買ったMSIのゲーミングノートもそれくらいかかったのを思い出し、とりあえず待つことにする。
注文確定メールには2~5日で出荷とあったが、4日経っても出荷連絡が届かない。これ本当に5日で発送まで行くのかなと思っていたら、その日の晩に発送連絡が来た。
更に2日後、受取店舗から電話がかかってきて、注文した品が届いた旨を知らせてくれた。

すぐに受け取りに行ったが、受取には注文メールと身分証明が必要。
注文メールはスマートフォンで表示し、身分証明は免許証を提示したらOKで、受領書類にサインをしたら受取完了。実に簡単。
ちなみに万一初期不良が発生した場合、修理ならば店頭持ち込み可。しかし返品・返金となる場合は店頭での受付ができないとのこと。

f:id:Highmount:20161029220137j:plain

天板のデザインはシンプル。でもMSI GL62よりは質感が高い。……って天板、金属?

f:id:Highmount:20161029221344j:plain

左側面はVGA端子、ヘッドホンジャック、マイクジャック、デジタル入出力、USB2.0
SIMカードスロットがあるけど、試しに挿そうとしても塞がれていて入らなかった。

f:id:Highmount:20161029221613j:plain

右側面はSDカードスロット、USB3.0×2、有線LAN。

f:id:Highmount:20161029221658j:plain

背面にもポートがあって、HDMI、Display Port、USB3.0、電源。
電源が背面って、良し悪しだなぁ。

ご覧のとおり、厚みはなくて結構薄い。

f:id:Highmount:20161029221817j:plain

底面は蓋がなくて、何か増設したいときは全部剥がないと駄目なタイプ。
ちなみにCLEVOのN550RCというモデルがベース。

f:id:Highmount:20161029222042j:plain

ディスプレイはノングレア液晶。視野角は狭いんでIPS液晶ではない。
購入直後、少し黄色が強かったので、調整してとりあえず気にならなくはなったが、MSIのように吊るしの状態から発色がいいディスプレイではなさそう。
このあたりは値段相応と割り切るか、さっさと良いディスプレイを買って外部接続した方がいいだろうか。

f:id:Highmount:20161029222328j:plain

キーボードの打鍵感としては、MSIのキーボードと押し込んだときの深さは大差ないものの、クリック感と言ってよいのか迷うが、カチッと押した感じはこちらのほうが感じられる。
個人的にはもう少し深く沈むキーボードのほうが好みだが、本体が薄いので難しいか。

それよりも気になるのは、テンキー部分とBackSpaceキーやEnterキーが近接していることで、BackSpaceキーを押そうとするとNum Lkキーを押してしまうことが頻繁に発生してストレスばかりを感じてしまう。
あまりに誤打が多いので、後述のやり方でNum Lkキーを無効にしたが、根本的解決には至っていない。
テンキー部分のキーの幅を狭くして、隙間を開けてくれたほうがなんぼもいい。

f:id:Highmount:20161029223231j:plain

MSIのGaming Centerに相当するアプリと言ったらいいだろうか。
こちらにはCONTROL CENTERというアプリが入っている。
こちらもパフォーマンスの切り替えなどがワンタッチで操作できる。
ゲーミングタブでは、Windowsキーの有効・無効の切り替えも可能。

f:id:Highmount:20161029223402j:plain

任意のキーやマウスボタンにホットキー機能などを割り当てられるアプリ「Flexikey」もプリインストールされてるが、前述のNum Lkキー誤打問題対策として、このアプリでNum Lkキーを無効化してる。

Fnキー+BackSpaceキーで定義した設定の有効・無効を切り替えられるので、Num Lkキーを操作する必要があるときもそれほど困らない。

 

なおこのPC、Core i7を搭載しているにも関わらず、MSI GL62と比較してもそれほど速さを実感することができない。
なんでか調べていたら、どうやら搭載しているHDDが7200rpmではなくて5400rpmのものが載ってるらしいことや、メモリの駆動周波数が1600MHz(GL62は2133MHz)とか、そのへんが影響してるのかもしれんなと思ったりする。
これはそのうち、M.2のSSDを載せたりも考えないといけないだろう。

一方、グラフィック性能については、SteamでメタルギアソリッドV Ground Zerosをダウンロードしてプレイしてみると、細部の表現が明らかに綺麗なので、このへんはGeForce 940MXとGeForce GTX950Mの違いってことなんだろうなぁ。

もう少し使い込んでみないといけないが、MSI GL62と併用するのが前提なら、多分不満に耐えられなくなることはないかな。