読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々徒然Highmount

Highmountが感じたこと、興味をもったこと、やってみたこと、ひたすら書き込んでみる。

中華ノートPCに手を出してしまう。

先日出張に出ていたときのこと。立ち寄った中古PCショップで妙なノートパソコンを見つけた。

それは外観ははっきり言って、MacBook AirMacBook Proを足して二で割って、ちょっとAirに寄せてみた、という雰囲気。
色はゴールドで、こちらは新しいMacBookを意識していることは想像に難くない。

動いているのはWindows 10 Home 64bitで、CPUはAtom X5-Z8300らしい。
タブレットに毛が生えたレベルのローレンジウルトラブック*1はそれほど珍しくもないのかもしれないけど、その外観と同時に、妙ちくりんなキーボードが目にはいる。

明らかに海外の配列に上からJIS配列のシールを貼ったかのようなチープ感、隠れてないウォン記号、そしてハングルが書かれたキー……ハングルキーボードかよ!!

これは笑える。ネタとしてはおいしすぎる。
が、初回入荷特典で3万4800円とのことだったが、ネタにこの金額は正直ビミョー。
とりあえず、カタログはないとのことだったのでチラシを貰って帰った。

帰宅後、あの妙なパソコンのことがやはり気になる。
福岡の系列店にも置いてあるだろうから、もう一度見てみようと、後日別件ついでに行ってみた。
するとそこの展示機はやや変則的ではあるものの、日本語配列になっているし、筐体の表面の質感が前に見たものと違う。

うーん、どうやら出張先で見たものは、本当のサンプル品、あるいは先行試作機だったのかもしれない。

いろいろ調べてみると、ストレージはeMMCのようで、まあそれはこのくらいのスペックのPCにはありがちだが、32GBでストレージの換装不可、増量はmicroSDカードスロットに頼るってのもイマイチで、購入を見送ることにした。*2

さて、そのPCとは、福岡を拠点に九州に中古パソコン市場というPCショップを展開しているメディエイターという会社の製品で、SmartBook N14という。

www.mediator.co.jp

スマートブック……Androidを搭載したクラムシェル端末として一時期期待してたけど、あっさりフェードアウトしちゃったなあ。IS01とか、dynabook AZとかいい機種だったのに。*3

だいたいこの手のショップブランドは中国や台湾の製品のOEM、とりわけ深センあたりのメーカーの製品ってのが多いような気が勝手にしている。
かなり前に購入した中華Androidタブレット深センの会社の製品だったようだ。

そうなれば、今回のSmartBook N14もベース機を見つけることができるかもしれない。が、実際探してみるとあまりに情報が少なく、それらしきものにたどり着けそうになかった。

諦めて、Amazonで同等スペックのPCがいくらくらいか調べていたときのこと。
これは明らかに中華ガジェットと思いながら見ていた製品の関連で、とある製品がヒットした。

PiPO Work-W9Sというその製品、色は違うが、明らかに特徴がSmartBook N14に合致していた。
Amazonでは品切れらしく、手に入れるには海外通販サイトを頼るしかなさそう。

検索して見つけたそのサイトは日本への発送もしているという。

www.gearbest.com

まあ、ここらへんの一連の調査でヒットしたブログってのが、このGEARBESTという通販サイトから商品提供を受けた上で商品紹介を行っているガジェット系ブログばかりで、「お、おぅ……」という思いを禁じ得なかった。*4

あらためてW9Sの細部を確認してみると、恐らくこれがベースマシンと考えて間違いなかろう。
ポイントはW9Sはストレージが64GB搭載されていることと、為替の関係もあるがおよそ2万円で販売されているということ。

多分、SmartBook N14はガワの仕様変更や日本語配列キーボードへの変更、日本語版Windows 10 Homeへの変更*5キングソフトオフィス2016のプリインストール、日本語説明書の添付、その他国内法令に関する手続きとか物流コストとかetcetc...それらを乗せると4万円以下では売れないので、ストレージを削ったのかな、と邪推したりもする。メモリ容量を削られなかっただけよしとしよう。
その意味では、基本価格の3万9800円(初回特典価格で5000円引き)という価格設定自体は法外とまではいえない。

2万円くらいなら、ということで、つい購入してしまった。*6
アカウントを登録して、そのまま購入。支払いはPayPalに対応しているので、中華系なのにカードの情報を相手に渡すという、ちょっとヒヤヒヤするようなことは避けられる。

FREE SHIPPINGを選んだので、4~6営業日はかかるというから、この週末の到着は厳しいのではないかと思ってるが、なんでも物によっては一ヶ月くらいは覚悟しなくてはいけないそうで、ちょっと失敗したかなと思ったものの、昨晩発注してPayPalで決済したら、今朝には発送通知が来たくらいなので、思っているよりは待たずに済むのかもしれない。
まあ、すぐに必要なものではないので、気長に待つ覚悟はできてるんだけど。

物が届いたら、ちゃんと確認してみたい。

 

*1:この場合はクラウドブックと言った方がいいのかもしれないが……

*2:ハングルキーボードだったら、それでもネタに買ってたかもしれないが……

*3:この名前を付けた人がスマートブックを知っているかは、敢えて問うまい。

*4:商品提供ではなく、実際に自腹を切って購入した記事もあるにはあるようで安心したが……

*5:W9Sはマルチランゲージ版がインストールされている。

*6:購入時は201ドルだったのが、先ほど見ると213ドルに値上がりしていて驚く。タイミングが良かったのか悪かったのか。