読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々徒然Highmount

Highmountが感じたこと、興味をもったこと、やってみたこと、ひたすら書き込んでみる。

今度はarrows M02がやってきた

スマートフォン モバイル

先日楽天モバイルでarrows RM02を買ったばかりだが、今度はmineoで端末購入したarrows M02が届いた。
同じ端末を購入したのは、ドコモ版とau版のXperia acroを買ったとき以来か。
Nokia端末は、海外モデルと国内モデルで同じ機種を重複購入することも多かったけど。

そういえば、手続きを行ったときに手続きから到着まで1週間程度かかるとのことだったが、手続きから3日目に届いているので、思っていたよりも早かったなぁ。

f:id:Highmount:20151123200744j:plain

少しラメが入った、結構明るいピンクなので、男性が持つにはちょっと恥ずかしい感じ。色の感じからも、若い女性におすすめしたい。
てか、この色をmineo限定にしたのはちょっと勿体無いと思うけどなぁ。

今回はAプラン(au回線)の契約で端末購入を行ったため、SIMカードもVoLTE対応SIMに自動的に変更されることになったが、一緒に届いたSIMを見ると、従来のauと同じSIMではなく、報道通りMVNO専用SIMカードになっていた。

f:id:Highmount:20151123201338j:plain

なお、殺風景な箱とか、同梱物はarrows RM02と同様。
充電スタンドと充電器がセットになっているのは、フィーチャーフォンからの乗り換えなどで初めてスマートフォンを買うというユーザーにはとてもありがたいのではないか。

f:id:Highmount:20151112215946j:plain

(写真はRM02のものだが、中身は端末以外全く同じなので……)
添付の冊子類も同じなので写真は割愛。

f:id:Highmount:20151123201847j:plain

プリインストールアプリはmineoのアプリ4つだけのようで、非常に少ない。
RM02には楽天のサービスアプリがこれでもかと入っているので、あまりの少なさに驚いたというのが本音。

短期間に複数の端末を入手してしまったので、積ん読、積みプラモならぬ、「積み端末」になってしまっている。
Xperia Z5のレビューも*1やらなきゃいけないので、時間を見つけて順次チェックしていかないと。

しかしここのところ、ミドルレンジの端末を使っていて思うのが、Xperia Z5のような全体的にハイスペックな“ガンダム”的な端末よりも、全体的なスペックは“ジム”クラスであっても、“ジムキャノン”とか“ジムスナイパーカスタム”のように何かの機能に特化している端末のほうが、存在感を示せるのでは?ということだったりする。
全体的にスペックが高いものでも、“ガンダム”はニュータイプでもないユーザーにとってはオーバースペックで、せいぜい“ジムコマンド”とか“ジムカスタム”くらいのスペックがあれば十分なのかもしれない。

その意味では、arrows M02/RM02は、必ずしもハイスペックとは言えないけど、かなりいい線をついていると思う。
もう少し、尖っていてもいい気はするんだけど。

*1:ちょっと気が乗ってないけど