読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々徒然Highmount

Highmountが感じたこと、興味をもったこと、やってみたこと、ひたすら書き込んでみる。

arrows RM02をゲットしてた。

スマートフォン モバイル

数日前のこと、ソフトバンクとワイモバイルの契約回線数削減の一環で、ワイモバイルの契約を他に移すことにした。
今回MNPする回線は、端末はDIGNO DUAL 2。PHS回線と3G回線のデュアル端末なので、どうやら回線それぞれでMNPができるという。
それぞれの番号に対して転出手数料はかかってしまうものの、滅多にない、というか多分二度と経験しないことだろうから、両方の番号でMNP予約番号を取得した。
ワイモバイルのオペレーターの男性の応対が終始丁寧で好感を覚えたが、転出手続きについての注意として、まずPHS番号からMNP転出を行い、3G番号は後から転出を行うようにとの通知を受けた。
てっきり逆だと思っていたのでこれは正直意外。

言われたとおり、PHS番号から早速MNP手続きを行う。
移転先は少し考え、楽天モバイルとした。
最大の目的は、arrows RM02の楽天モバイル限定カラーであるゴールドをゲットするため。

手続きは順調に終わり、数日後、端末とSIMカードが届いた。

f:id:Highmount:20151112215529j:plain

ゴールドの色合いは派手すぎず、なかなか悪くない。
光沢仕上げなので、傷が目立たないかちょっと心配ではあるが。

f:id:Highmount:20151112215834j:plain

端末の箱はすごく地味。SIMカードはまだ端末に入っていないので、自分で端末にセットする必要があった。

f:id:Highmount:20151112215946j:plain

内容物は本体、充電スタンド、充電器、microUSBケーブル。
最近は充電器や充電スタンドは別売というのも珍しくはないので、初めてのスマートフォンとして購入する場合でも安心。

f:id:Highmount:20151112220133j:plain

マニュアル類には富士通のPC製品と同じ匂いがする。

f:id:Highmount:20151112220240j:plain

ACアダプタの形状はタブレットPCのARROWS Tab QH33/Sに付属していたものによく似ている。

f:id:Highmount:20151112220341j:plain

出力はDC5Vの2A、急速充電に対応している様子。

SIMカードスロットは本体側面のmicroSDカードスロットと同じ場所にある。
nanoSIMであることも関係しているんだろうけど、SIMカードのトレイが小さく頼りないので、SIMのセットをするときにちょっと不安になる。

SIMカードを入れて電源を投入すると、初期設定がスタートするが、APN設定はすでにプリセットされているようなので不要。
NFCを搭載した他の端末から設定を丸々移植したい場合は、転送元のNFCをオンにした状態で端末同士の背面を合わせると、自動的にBluetoothのペアリングを行い、設定の転送を行ってくれる。
Googleアカウントでバックアップを行っていると、元端末にインストールしていたアプリまで自動的に復元してくれる。
ただこれ、キャリア固有のアプリまで復元しようとするので、ちょっとめんどくさいかも。

実は今週は体調が悪く、この日も初期セットアップと最低限のアプリのインストールを終えたところで力尽きてしまった。
その後もまったく触れていない状況で、この週末に触る時間を作りたいと考えている。
なおRM02は楽天のアプリが大量にプリインストールされているが、消せないアプリはないようなので、気に入らないときや楽天モバイルから他の回線に移るときなどはアプリを消してしまうことが可能。

ちょっと触った感じでももっさり感はなく軽いという印象だったので、これは当たりかなと結構期待してるけど、じっくり使い込んで判断していきたい。