読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々徒然Highmount

Highmountが感じたこと、興味をもったこと、やってみたこと、ひたすら書き込んでみる。

3D立体視メガネを買ってしまった

3D立体視というと、少し前に家庭用テレビで一時的に流行ったものの、あっという間に廃れてしまった。
最近ではOculus RiftなどのVRヘッドセットが話題を集めることもあって、個人的にはちょっと興味を持ってはいる。

さて、熊本出張で、来た時には立ち寄るようにしている海外SIMロックフリー端末を取り扱っているお店に立ち寄ってみたところ、何やらVRヘッドセットらしきものが目に入った。
店主に話を聞いてみると、VRヘッドセットではなく、3D立体視動画を見るための立体視メガネであるという。

その場で店主のiPhone 6 Plusを使って実演していただいたが、専用アプリだとジャイロが効いて中の映像も動いてなかなかおもしろく、YouTubeなどに上がっている立体視動画を見てもなかなか面白い。
値段も4000円しなかったので、つい買ってしまった。

f:id:Highmount:20150918084054j:plain

見た目は割と本格的。ただ素材的にはやはり値段相応を感じさせる。

f:id:Highmount:20150918084133j:plain

それなりに安っぽいなりに、クッションはちゃんとしているので、装着感は悪くない。
なお眼鏡をかけたままでも装着できる。

で、これをどうやって使うかというと、正面の蓋を開くと、固定用の吸盤がついたスマートフォンを置けるスペースが現れる。
ここにiPhoneiPod Touchを置いて使う。*1

f:id:Highmount:20150918084412j:plain

意外とこの吸盤がしっかりと端末を固定する。

f:id:Highmount:20150918084453j:plain

iPhone 6を置いてみた。

なお、この立体視メガネで見られるのはサイド・バイ・サイド方式の立体映像だけで、アナグラム式などは見られないので注意。
なんでAndroidはダメなんだろう?と思っていたが、どうもYouTubeで同じ立体視動画を見ようとしても、Androidだと勝手にアナグラム式になってしまうようで、iPhoneだとサイド・バイ・サイド方式になるためかもしれない。*2

偏光レンズを切り替えて、通常の動画も見られるようだともっと良かったんだけど、製品価格を考えるとそこまで求めるのは酷なのだろう。

色々調べてみると、MaciMovieサイド・バイ・サイドの動画を作成することが可能であることがわかった。
試しに手持ちの動画で作成したところ、それなりにいい感じのものを作成することが出来たので、今後暇を見つけてもう少しクオリティを上げてみたいと思っている。

個人的には割と早く飽きるかもしれないけど、話のネタとしてはそれなりに使えるかもしれないので、元は取れるかな。

*1:SamsungのGear VRもこんな使い方なのだろうか。

*2:設定を変更できるのかもしれないけど、まだその方法を見つけられていない。